理事長

ごあいさつ

理事長 林 潤一 皮膚という「器官」は、心臓、肝臓、腎臓、などと同じように、わたくしたちの体にとって大切な臓器のひとつで、身体を外界から守ってくれています。

いずれの臓器も、生き生きと機能するうえでは、その臓器の総ての細胞に、酸素や栄養素が潤沢に届けられ、老廃物が運び去られることが必要です。 それには毛細血管の隅々までスムーズに血液が循環していること、つまり、良好な微小循環が保たれていること、がとても大切です。

お忙しい普段の生活のなかでは、ともすれば、食べ過ぎ、睡眠不足、などにより、微小循環が滞りがちになります。糖尿病、高コレステロール血症、高中性脂肪血症、などになっていませんか! いわゆるサラサラ血液ではなくなっているかもしれません。

老廃物がきちんと排泄されず、細胞への酸素や栄養が不足しがちになりがちな生活習慣になっていると、臓器は疲れてきます。皮膚(お肌)という臓器も、毛細血管から円滑な酸素と栄養の補給をうけて、健康な状態に保たれます。

健康な「お肌」の大敵は、血液の汚れや、血流の滞りです。栄養や酸素不足で新陳代謝が低下すると、「美肌」とは縁遠くなってしまいます。

皮膚(お肌)という大切な臓器が健康であるためには、心臓、肝臓、腎臓、などの内臓が健康であることが基本と考えます。 「お肌」が健康であること、すなわち「美肌」であること、を保つためには、「お肌」への正しいお手入れとともに、健康な内臓と正しい生活習慣を知ることが不可欠です。

日本健康美肌協会では、皮膚(お肌)という臓器が健康で美しくあるために、内科的な臓器の健康や正しい生活習慣と、皮膚(お肌)との理想的な関連性を研究し、「美肌」を求める皆様のお役に立ちたいと願っております。

日本健康美肌協会
理事長 林 潤一

 

Copyright © NIPPON Health Beauty-skin Association. All Rights Reserved.